スネップの意味とは?ニートとの違いは?原因や対策も!

現在ニートよりも深刻なスネップと呼ばれている人たちが増えています。
今回は、スネップとニートの違いから、原因や対策までを紹介します。
mig

スネップの意味とは?

スネップいうのは和製英語で本来の意味は、
solitary non-employed personsという英語の頭文字SNEPを
とって名付けられました。

20歳から59歳までの孤立無職業者で、家族以外とコミュニケーションを
取る人がいない人のことを指します。

スネップは、女性よりも男性の方が多く、該当年齢の約2.5%
スネップと呼ばれる人たちだといわれています。

人数にすると約150万人の人がスネップということになります。

ニートとの違いは?

ニートは、英語でNot in Education, Employment or Training
という意味で、15歳から34歳までで学校に通っておらず、
家事もしていない若年層のことを指します。

ニートとスネップの違いは、年齢が違うこともありますが、
1番の大きな違いは、スネップは孤立していますが、
ニートは孤立していないという点です。

スネップは、肉親以外の人との関係を持てず、
孤立しているので、求職意欲がかなり低いです。

原因や対策も!

スネップとなる原因は、就職の難しさにあります。

何かの原因で仕事を辞めてしまったり、解雇されてしまったりすると、
また1から仕事を探さなければなりません。

しかし、年齢を重ねるほど就職が難しくなっていき、
不採用が増え続けると精神的に病んでしまい、
再就職する気がなくなってしまうのです。

仕事での人間関係がなければ、人と接する機会も減少していき、
悪循環となりスネップになっていきやすいです。

対策としては、スネップは孤立無業者ですので、
まず、孤立しないことが重要です。

何か悩みなどがあるのであれば、1人で抱え込まず、
1番親しい友人に必ず相談しましょう!

それと引きこもらずに外に出歩いてみましょう。

1人になっていると悪いことばかり考えてしまうので、
自分の気持ちが安らぐ場所に出かけるのも対策の1つでしょう。

スネップの意味とは?ニートとの違いは?原因や対策も!
に関しての記事はいかがでしたか?

また、スネップの最新情報があれば更新します。