ハビエル・アギーレ氏の実績や戦術は?年俸と黒い噂とは?
904c661ed4098260aeb17c68b7e5ce71

今回は、次期日本代表監督候補のハビエル・アギーレ氏
について紹介していこうと思います。

まずは、ハビエル・アギーレ氏のプロフィールからどうぞ。

ハビエル・アギーレ・オナインディア

1958年12月1日生まれの55歳。

メキシコ出身で、かつては1986年のメキシコW杯に出場。
2002年日韓W杯、2010年南アフリカW杯では、
監督としてW杯で、指揮をとりました。

クラブチームでは、スペインリーガエスパニョーラの
アトレティコ・マドリード、RCDエスパニョール、レアル・サラゴサ
などでも指揮をとった実績があります。

今回ザッケローに監督が、W杯で思うような結果を
残せなかった理由の1つとして、
W杯で指揮をとったことがないことが挙げられていました。

ハビエル・アギーレ氏は、W杯で2大会16強に進出している
実績が、日本サッカー協会の評価に繋がっているのかもしれませんね。

また、メキシコ代表は日本と同じような体格ですし、
日本に合ったサッカーを指導しやすいのでは?
という理由もあると思いますね。

ハビエル・アギーレ氏の戦術は堅守速攻です。

今回のW杯では、オランダが5バックで、
守りを固め、ロッペンを中心とした速攻が、
見事にはまり3位という結果に終わりました。

日本は、パスサッカーを目指していて堅守速攻という
パターンではないので、今まで、目指してきた
自分たちのサッカーにはあてはまらない感じがしますね。

さらに、高額な年俸を要求しているようです。

日本サッカー協会は、契約期間2年、年俸2億5000万円を
上限として交渉していますが、ハビエル・アギーレ氏の要求は、
3億9000万円といわれています。

かなり高額な年俸を要求していますよね。

さらに、黒い噂という話もあります。

黒い噂とは、2010年の南アフリカW杯で、
バルセロナのドスサントスをメンバーから外し、
ハビエル・エルナンデスをベンチ要因に。

また、レギュラーだったオチョア(今回W杯で大活躍)を
ベンチにして、37歳のオスカル・ペレスを起用。

毎試合キャプテンを変更しました。

これは、テレビ局の圧力により、
先発メンバーが決められていたのではないか?
などの噂があったようですね。

これがもし本当ならかなり危険ですよね。

かなり高額な年俸を要求していることから、
この不可解な采配は怪しいって思ってしまいますよね。

就任前に色々話題の尽きないハビエル・アギーレ氏ですが、
日本代表監督になったらしっかり結果を残してほしいですよね。

ハビエル・アギーレ氏の実績や戦術は?年俸と黒い噂とは?
に関しての記事はいかがでしたか?

また、ハビエル・アギーレ氏の最新情報があれば更新します。

こちらの記事も大変人気です!!