蚊に刺されたくない人へ!部屋でのおすすめの対策とは?
3b70061a

夏といえば暑さもそうですが、
1番悩まされるのは蚊ではないですか?

あのかゆみと耳の近くを飛んできた時のぶ~んという音…
めちゃめちゃ嫌な気分になってしまいますよね!

今回は、蚊にさされたくないあなたのために
おすすめの蚊の対策を紹介したいと思います。

蚊の産まれやすい環境とは?

まず、蚊が産まれやすい環境をなくしましょう。

蚊は、水気の多いところで発生します。

植木鉢の受け皿や排水溝に卵を産み付けて
そこから幼虫となり蚊になります。

特に、汚れた水などから発生しやすいので、
こまめに掃除しておくほうがいいでしょう。

また、蚊は銅を嫌う性質がありますので、
植木鉢の受け皿などには、10円玉を入れておくのも効果的です。

蚊に刺されやすい人とは?

蚊めちゃくちゃ刺される人とまったく刺されない人がいます。

蚊は、体温が高い人とよく汗をかく人を好みます。

血液型によって刺されやすい刺されにくいなんてよく
聞きますが、これはあまり関係ないようですね。

お酒を飲んで体温が上昇したり、スポーツなどで
体を動かした後などは、非常に刺されやすい体質となります。

また、蚊は黒いものを好みます。

なので、黒い服などをよく着ている人は、
蚊が集まりやすい状況を自ら作ってしまってることになるんで
気をつけてみてくださいね。

蚊が家に入ってこないようにする!

当たり前のことですが蚊が入ってこないように網戸は必ず閉めましょう。

網戸に虫除けスプレーをかけるとなおよしですね!!

また、蚊は、風速2メートル以上の風には、
吹き飛ばされてしまいます。

家に入るときなども蚊を引き連れている可能性もありますので、
めんどくさいかもしれませんが、ハンカチなどで身の回りを
はたいてから家に入るのも対策の1つですね。

部屋でのおすすめの対策とは?

先程もいいましたが、蚊は風速2メートル以上の風には対処できません。

よって、部屋でのおすすめの対策は扇風機をかけることです。
扇風機の風により蚊はあなたに近づくことができませんから、
睡眠の邪魔にはならないでしょう!!

もし部屋に蚊が入ってしまったら、蚊取り線香を炊いて
扇風機をかけることで刺されるリスクはかなり低くなります。

蚊に刺されてしまったら?

もしここまでして蚊に刺されてしまった時の対処法を紹介します。

かゆい気持ちは分かりますがもちろん掻いてはいけません。
掻いてしまうと炎症の原因となってしまいます。

もし蚊にさされてしまったら、氷で冷やすか石鹸で刺された部分を
洗ってしまいましょう。

すると痒みが軽減されます。

もし蚊に刺されてしまったら試してみてくださいね!

蚊に刺されたくない人へ!部屋でのおすすめの対策とは?
に関しての記事はいかがでしたか?

また蚊に関する最新情報があれば更新します。

こちらの記事も大変人気です!!